2012年01月21日

キムボム、-11kgダイエット「男として見られたかった」インタビュー@

201201192037221119_1.jpg201201192037221119_2.jpg

俳優、キムボムを「思いっきりハイキック」「花より男子」の美少年のイメージで覚えているならもう過去のこととして忘れた方がいい。

キムボムはJTBCの開局特集ドラマ「パダムパダム...彼と彼女の心臓の音」でイグッス役を通して一層成長した姿で戻ってきた。

放送前、キムボムがダイエットして変わった姿を公開したとき、彼のファンすら驚きを隠せなかったぐらい。

今も「パダムパダム」で忙しい毎日を送っているキムボムを、京畿道、安城の撮影現場で直接会って、空白期間中の話と共に今後の覚悟を聞いた。


-10kgのダイエットで肌の調子が悪くなり...

キムボムはパダムパダムの撮影のために-10kgのダイエットをした。もちろん作品の為とはいい、個人的にも以前の「美少年」のイメージでは限界があると考えていた。

「空白期に考えたんです。これからも俳優としていろんな作品をやっていかないといけないので、いつまでも同じイメージではやっていけないと思いました。個人的にも変化が必要でした。「美少年」よりは「男」になりたかったです」

その結果、キムボムは-11kgのダイエットという驚きの変化を見せてくれた。単純なイメージチェンジを超えて「換骨奪胎」のレベルだった。芸能関係者からも「違う人だと思った」と言われるぐらいだったから。

こんなイメージチェンジの裏にはキムボムの涙ぐむ努力が隠れていた。彼のダイエットが2ヶ月の短期間で行われたものだったから余計驚きだった。

「ちょうど2ヶ月で-10kg減らしました。必死の努力がありました。家と体育館を往復しながら運動しました。食べるものの限られてました。鶏の胸肉、バナナ、さつまいもが全てでした。途中で停滞期に入ったんですが、その時にはさつまいも一つにアイスアメリカノ一杯、バナナ一つでしのぎました。」

身を削る努力の末、キムボムは180度変わった姿で「パダムパダム」の撮影に入った。しかし、食べ物をコントロールするダイエットに現場は誘惑の森だった。

「ドラマの撮影ポスターとオープニングの作業をする時でした。公園で撮影をしながら、しきりに「腹減った」と言ってました。ある日は公園に家族で遊びに来た方々がいたんですが、スタッフは赤ちゃんを見て「可愛い」と言ってたけど、私の目にはその赤ちゃんが持っていたクッキーしか入ってきませんでした。(笑)」

ダイエットは「パダムパダム」に挑む彼の姿勢に対する賞賛を呼んだが、副作用も。

キムボムは、スタッフから「老けて見える」と言われてかなりショックを受けていた。

「みんな褒めてくれたんですが、一部の人から「老けて見える」という意見がありました。それもそうですよね。2ヶ月で-10kg減らしたら肌の調子が悪くなったのです。それで今は少し戻して-7kgの状態です。(笑)」

キムボムは「美少年」から「男」になって戻ってきた。必死のダイエットは彼の夢だったグラビア写真集の撮影も可能にした。

「これまで生きてきてやりたかったことの一つが素敵な体を作ってグラビア写真集を撮ることでした。今回結局その夢を叶えました。そして、今はみんな顔も老けて見えると言わないので、苦労したのが一気に吹っ飛んでいった感じです。またダイエットしてと言われたらもうできませんよ^^」


インタビューAに続く




出処:http://news.nate.com/view/20120120n14442?mid=e0102
posted by ラブ韓ドラ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キム・ボム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/247494217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。