2011年10月17日

少女時代には「少女」がいない?


201110170831351002_1.jpg

少女時代が今までと全然違うコンセプトのカムバックを予告した。

10月14日公開された「The Boys」のミュージックビデオのティーザー映像で、少女時代は片手を床について足を伸ばした姿勢で強さをアピールしている。衣装も女性らしさばかりではない白いシャツとジャケット、ネクタイなどで中性的な魅力を見せている。

今回の「The Boys」はティーザーで見る限り今までの少女時代の音楽スタイルとは全然違う感じを受ける。「Gee]「Oh!」で見せてくれた少女っぽさが極大化した姿ではなく、「願いを言ってみて」「Hoot」みたいに成熟な女性美を出すような曲でもない。ブラック少女時代というコンセプトで強さを伝えた「RunDevilRun」と似たようにも見えるが、「The Boys」にはボーイッシュな感じも加わっている。弱い少女というより独立した女性という言葉が似合う姿である。

少女時代のサードアルバム「The Boys」は10月19日に発売される。当日アジアの各種音源サイトはもちろん、iTunesを通して米州、ヨーロッパ、南米など全世界に同時公開される。ワールドワイド発売に伴い、「The Boys」の音源とミュージックビデオは韓国語と英語二つののバージョンで公開される。
初カムバックの舞台は10月21日、KBS 2TVの「ミュージックバンク」を通して行われる。


出処:http://news.nate.com/view/20111017n03589

<イメージティーザーYOUTUBE映像>



posted by ラブ韓ドラ at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 少女時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230793450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。